池袋西口公園のこれまでとこれから

201912/18

extreme-illumination

国際アート&カルチャー都市として東京芸術やシネコンなどで観劇鑑賞後も池袋のナイトライフを楽しんでもらうために用意されたこの企画。新たに野外劇場として生まれ変わった池袋西口公園「GLOBAL RING THEATRE」を拠点に、本格クラッシック音楽を堪能できるプログラム「Tokyo Music Evening “Yube”」オープニングコンサートが開催されました。

タクトを振るうのは 「炎のマエストロ」として名高い小林研一郎氏。演奏は、ヴェルディ作曲 歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲です。

当日の様子が池袋の情報サイト「ココシル池袋」に掲載されていますので是非ご覧ください。

https://home.ikebukuro.kokosil.net/ja/archives/57237

またこのコンサートに先立って今回のブログのタイトルにもなっている

「extreme-illumination」の点灯式も実施されました。

園内のシンボルツリー前にあるARマーカーを読み込むと、ちびっこデジタルクリエイターたちが作った“デジタルキャラクター”がタブレットやスマートフォンの画面上に現れます。

https://www.extreme-illumination.com/

公園内の樹木に幻想的なイルミネーションが施され、コンサートに参加した1000名以上の観客の方々も五感で池袋のナイトライフを楽しみ当日を過ごされたようです。

2020年はいよいよオリンピックイヤー。

東京2020大会だけでなく、年間を通じて様々な催しをご用意してみなさんの来園をおまちしております。

それではよいお年を。

年間アーカイブ