IWGPのこれまでとこれから

201604/21

『公民連携ってそもそも会議』行ってきました

img_5257

2016年4月19日に開催された『公民連携ってそもそも会議』に参加してきました。一般社団法人公民連携事業機構公共R不動産という公共空間民間利用の先駆者たちによるこのセミナー。その名の通り「公民連携ってそもそも何よ?」を勉強してきました。

 

公民連携とは、公(自治体など)と民(民間企業など)が智恵を出し合い、より良い公共サービスを提供するための
手法のこと。なぜ今公民連携が必要なのか?従来の方法と何が違う?公民連携ってどうやればいいの?が本日のテーマです。ちなみに私たち池袋西口公園活用協議会がやっているのもこの公民連携の一種です。

左から木下斉氏、宮本恭嗣氏、岡崎正信氏 左から竹内昌義氏、清水義次氏、馬場正尊氏

会場には100名以上の観客で空席なし。その多くが自治体に勤務する方々で行政の関心の高さがうかがえます。まさに時代は公民連携か?数十億の税金を投下した再開発事業がほんの数年で破たんしてしまった話や、今後の公共空間がどのようにあるべきかなどをテーマに対談やトークセッションあっという間の2時間。

 

大事なのは民間がパブリックマインドを持つこと。補助金に頼らない自立できる体質になること。IWGPがもっと面白い公園になるようにこれからも頑張ります。

 

【登壇者】
◯馬場正尊(公共R不動産)
株式会社オープン・エー 代表取締役
東京R不動産ディレクター
東北芸術工科大学准教授

◯清水義次(公民連携事業機構代表理事)
株式会社アフタヌーンソサエティ
北九州市小倉家守プロジェクト
内閣官房地域活性化伝道師

◯岡崎正信(公民連携事業機構理事)
オガールプラザ株式会社代表取締役
オガールベース株式会社代表取締役
内閣官房地域活性化伝道師

◯木下斉(公民連携事業機構理事)
一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事
内閣官房地域活性化伝道師

◯竹内昌義(公民連携事業機構)
東北芸術工科大学教授
みかんぐみ共同主宰
オガールプロジェクトデザイン会議委員

◯宮本恭嗣(公民連携事業機構)
株式会社ENdesign代表取締役
東洋大学PPP研究センター リサーチパートナー

 

(引用:https://spike.cc/shop/HitoshiKinoshita/products/rb96svk4)